上昇を弱くすることに努めるとグラフは全体的に下向きになる


ダイエットは1か月間だけ集中して終えるというものではなく、
体質改善をしてリバウンドしにくい体に変えるには少なくても3か月くらいは必要だと思います。

 

その間、周囲に振り回されてペースを乱さないようにと思っても、
3か月、あるいは半年、1年の期間となると、いろいろなことがあるのが普通です。
子供の誕生日、運動会、会社での飲み会、忘年会、お盆にクリスマス、正月・・・。
予定以外のハプニングもあるでしょう。

 

何も予定がなくてマイペースでできるという連続した数か月の期間を探してみても、まずは無理でしょう。
「だから、ダイエットに取り掛かれないのさ。」というのは最大の言い訳です。
そういった諸々の事情も考えに入れて、ダイエットは進めていかなくてはなりません。

 

行事が続いてマイペースで臨むことが出来ない時、あるいは理由もなくグラフが上昇を続けている時には
お手上げの状態で上昇を野放しにするのではなく、少しでも上昇度を弱めようとしてください。

 

会費制の宴会に出たなら、元を取らなきゃと全部食べきるのではなく、
好きな物を中心に食べて、ちょっとでも残すようにする。
あるいは、間食のお菓子を3個食べようと思ったけれど、1個戻して2個にする。
こういった、ちょっと気をつけようと心掛けることにより、
グラフの上がり方の弱めることができます。

 

グラフの山が低めになると、もとのレベルに戻ってくるのにも日数が短くて済みます。

 

ダイエットをしていると、いい時もありますし、ぱっとしない時もあります。
調子が悪いときもずっとは続きません。
またマイペースでできるようになると落ちてきますので、
上昇を弱めた分、グラフ全体は下向きにできます。

 

上昇モードの時に無理に下げようとすると逆効果になりますので、注意してください。

カレンダー

2018年12月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

最近の記事

ログ検索

過去ログ