「言い訳」と「良いわけ」


先ごろ、東京の出版社から連絡がありました。

 

眉間ダイエットのホームページにたどり着いて、
とても興味をひいたので、記事で取り上げたいとのことでした。
発行部数15万部の女性向フリーペーパーとのことです。

 

詳細は発行になってからお伝えしますが、
先日、原稿がメールで送られてきたので、校正のチェックをしました。

 

文中に「良いわけ」という言葉がありました。
グラフのメモ欄に「言い訳」などを入力するという文章の中で、
「言い訳」の変換ミスでしたが、意味は通じていたので気が付かなかったようです。
これは偶然にしてもおもしろいと思ったのでご紹介します。

 

来院の場合に、最初のご契約の時にグラフの記入の仕方も説明していますが、
その時にも、こう話をしています。
「言い訳というと悪い要因ですが、
体重が減っていて何が良かったのか気がついたことがあれば、良い要因も書いてください。」

 

夕飯が早めだったとか、間食を控えたとか、
自分が取り組んだことが結果として出ていた時には、メモをして成果を確認することは重要です。

 

「やればできる」につながります。

 

「言い訳」も「良いわけ」もメモをしておくことで、
こういう生活習慣が悪くて、こうすると良いということが分かるようになります。

 

良いことを続けて、悪いことを避けるようになると、
無駄なことをせずに効率的なダイエットができます。

 

是非、「良いわけ」も書いておいてください。

未来のために記録する


野球でもスコアブックに1球1打が記録されています。
将棋や囲碁、あるいはチェスでも棋譜(きふ)という記録を取ります。

 

記念に記録しているのではなくて、これからのための記録です。

 

勝敗の分析、相手の癖の研究などいろいろなことに使えます。
現代では、スコアブックや棋譜などのペーパー以外にも、VTRなどの映像としても保存されていますので、
相手の表情を絡ませて分析もできます。

 

眉間ダイエットでも、グラフ用紙の下の方にメモ欄があります。
いろいろ書き込んでいる人もいれば、ほとんど真っ白という人もいます。

 

毎日、同じ食べ物を食べて、同じ生活をしているわけではありません。
昨日食べた物は思い出せるかもしれませんが、3日前に何を食べたかを覚えている人はまずいないでしょう。

 

将来のために記録しておくと、
こういう生活が良くなくて、こうすればいいんだという傾向が見えてきます。

 

きっちり細かく記録するのでなくてもかまいません。
そこまでやることにしてしまうと、ストレスにもなりますし続きません。
いつもと違うことがあれば、書いておくようにしてください。

カレンダー

2009年4月
« 11月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

最近の記事

ログ検索

過去ログ