「たまに」と思っていると次第に適当になってしまう・・・・・その対策


眉間ダイエットではストレスをかけないようにしていますので、
ああしてください、これをしてはダメという方針ではありません。

 

スタート時は今までの生活習慣、食習慣としばらく同じでかまいませんと話をしています。
もちろん、最初から無理のない程度で食事制限をしてもらえるのであれば、
それに越したことはありません。
ただ、ダイエットは長距離走ですから、スタートで飛ばしすぎて続かないよりは
ゆっくり始めてもらう方が確実です。

 

無理をしないという基本方針ですから、
カウンセリングで「この日はついつい○○してしまって・・・」という話が出た時にも、
私も「たまにならいいですよ」と返答しています。
ただし、「たまに」の頻度はひとそれぞれの解釈があるようです。

 

たまにパッチを貼り忘れる
朝フルーツでも、たまに朝ごはんを食べる
たまに外食、飲み会がある
たまに夜更かしをする
たまにケーキを食べる  など

 

どれにしても絶対NGではありませんが、
その頻度はよく把握していないと結果に結び付かないということです。

 

朝フルーツ以外の日が週に2、3回もあると効果が期待できませんということは
ガイドブックにも書いてあります。
日曜日は起きるのも遅いので、家族そろって朝ごはんを食べるというように週1回はセーフですが、
週に2回となるとボーダーラインで、人によってはアウトになります。

 

先ほどの「たまに」のことをグラフの下のメモ欄に書き込みをすれば、
その頻度は自分でも把握できます。
ただし、いろいろな項目についてすべてをきっちりやり通すとなると、
かなりまめな性格でなければ続きません。
それが初めからできるくらいなら太ったりしないかもしれません。

 

「たまに」を管理するためには、

 

○まず、対象となる項目をいくつか書いてみる。
○各々について「たまに」が避けられないものかどうかを検討する。
○頻度ゼロが望ましいことについては週1回などと甘く設定するのではなく、「絶対にしない」と決める。
○避けられない「たまに」については必ずチェックしてメモ欄に記入し、頻度を管理する。

 

先ほど例として挙げた項目を当てはめてみると、

 

対象項目は
「パッチ貼り忘れ」、「朝フルーツ以外」、「外食」、「飲み会」、「夜更かし」、「ケーキ」となります。

 

「たまに」が不可避かどうかは個人で違いますが、仮に分けるとして、

 

頻度ゼロと決め、絶対にしない・・・・・「パッチ貼り忘れ」、「夜更かし」、「ケーキ」
「たまに」の頻度を管理する・・・・・・「朝フルーツ以外」、「外食」、「飲み会」

 

頻度管理をする項目は多ければ多いほどいいというわけではありません。
多過ぎるとチェックすることが難しくもなりますし、ストレスにもなり続きません。
3項目くらい、多くても5つまでにしておいた方が良いかと思います。

 

「ケーキ」は食べないと決めるはちょっと酷にも思いますが、
今までのお客様でも、私が言い出したのではなく、ご自身で決めて実行した方はいらっしゃいます。

 

一番印象に残っているのが60歳の女性で、ケーキではありませんでしたが、
大好きなラーメンを食べないことに決めてダイエットに取り組みました。
いつもの道にラーメン屋があり、店の前を通るとついつい入ってしましそうになるので、
遠回りをして歩くことを日課としたそうです。
ダイエットが終わったら御褒美に食べることを楽しみにし、
その甲斐あって約16kg減になりました。

 

昔から、好きなものを断つということは願掛けの代表です。
固い決心があれば、願いは叶います。
好物を断つのはダイエットには直結しますので、もちろん効果的です。

 

みなさんにも願掛けを実践してくださいとは言いません。
それほどしなくても叶うのではと思います。

 

それに、そこまで実践する人は「たまに」しかいませんから、ご安心を。

WEB会員は体重を毎日入力した方が効果的


私はWEB会員のマイページについて、
毎日最低一回、多くの場合、日に数回は目を通しています。
カウンセリングの書き込みがあればメールチェックで分かりますが、
体重入力やメモ欄の書き込みはページを開けてみないとわかりません。

 

全体的な印象では、
数日分まとめて入力する人よりは、毎日入力してくる人の方が痩せやすいと思います。

 

以前にブログで書きましたが、
毎日の習慣として何か新しいことを続けてみるということがダイエットには効果的です。
ダイエットと関係ないことでも新しい習慣を身につけるということが
古い自分から脱却することになります。

 

ましてや、体重入力はダイエットと直結していることです。

 

もちろん、毎日パソコンを開くわけではないので日々の入力はできなくても、
手書きのグラフ用紙には書き込みをしていることでしょう。
ただ、そこに面倒だからという気持ちが入り込んでいるのであれば、
おそらくグラフもぱっとしないのではないかと思います。

 

カロリー消費になる、ならないとは関係なく、
ちょっとしたことを面倒だと思っているようでは
ダイエットの成果はあまり期待できません。

 

ゴミを見つけたら拾うことにするなど
ちょっとのことの積み重ねが自分を変えていくことにつながる。

 

そういう私も太っていた時にはソファーに寝そべってテレビを見ていて、
番組を変えようと思った時にリモコンが手の届かない所にあったので、
面倒だからそのままにしたということをはっきり覚えています。

 

体が軽くなったので億劫でなくなるということは分かりやすい話ですが、
気持ちを先行させて、ちょっとしたことでも面倒くさがらずに行うようにすると、
体が軽くなってくるということはあまり知られていません。

 

心と体でひとつ、リンクしています。

 

もうひとつ、毎日マイページに体重入力するメリットは
自分だけの記録で何日もためるのではなくて、
毎日私に体重だけでも報告することで
気が緩みがちになるのを防止するということです。

 

来院会員の場合にはこの毎日の体重報告ということができませんので、
WEB会員だけのメリットですから、大いに利用してください。

新記録更新が月に3回くらいでもあれば、グラフは下向きになる


ダイエットをしているからといって毎日体重が落ちるとは限りません。
スタートしてしばらくは、面白いように落ち続けることはありますが、
やがて落ち着いてくるとフラットになったり、上昇したりもあります。

 

ゆらゆらと波型のパターンで落ちるなど、体重減少のパターンは人それぞれで、
典型的なパターンも数種類ありますし、
グラフが模様のようになって見えるのであれば、その人の体重変動のパターンと言えるでしょう。

 

ある程度、ダイエットが進行してくると
面白いように体重が落ちては来なくなることもあります。

 

それでも1か月で1段(1kg)レベルダウンしていればダイエットは進行しています。
落ちているのがどうかが1枚のグラフで分かりにくければ
過去のグラフを並べて眺めると分かりやすいということは以前のブログでも書きました。

 

別の判定法としては、新記録更新が月に3回か4回でもあれば、
グラフは全体として下がっていると判断できます。

 

以前に「めざせ、新記録!」というタイトルでも書いていますが、
目標設定として翌朝にマイナス100gでもいいから記録更新したいというのは
ちょうどいい努力の範囲です。

 

でも、結果的には毎日あるいは頻繁に新記録更新にはなりません。

 

先ほどの月に3,4回くらいの頻度、
つまり間隔としては1週間か10日に1回くらいで新記録が出せるのであれば、
上昇したピークの点も低くはなってきていますので、
山も谷も次第に低くなった、全体としては右下がりのグラフになるはずです。

 

新記録更新ということ自体も嬉しいことなので、心理的にプラスの効果もかなりあります。

 

グラフを見る時の判断材料のひとつとして覚えておいてください。

カレンダー

2008年11月
« 10月   4月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

最近の記事

ログ検索

過去ログ