メモ欄と掲示板


WEB会員のマイページについての話です。

 

最近の傾向として、メモ欄には毎日のように書き込みがあっても、
カウンセリングの場である掲示板にはほとんど何も書いて来ない方が多いように感じます。

 

12月で仕事がとても忙しいという人もいますが、
メモ欄と掲示板との使い分けをあまり理解していないと思われるケースもありますので、
改めてここで書いておきます。

 

WEB会員の方にも手書きのグラフ用紙は送っていますが、
そのグラフ用紙の下に書く内容が「メモ」です。

 

「昨夜は外食」、「おやつ食べすぎ」、「寝るのが遅かった」など体重が増えた時の「言い訳」でもいいですし、
「食事セーブしている」、「ぐっすり寝た」などの「いい(良い)訳」でもかまいません。

 

体重変動がなくても、その日に普通の生活から少し外れたことがあった時にはメモしておいてください。

 

例えば、外食の翌朝に体重が同じだったとしても「外食」と書いてあれば、
普通なら増えるところがキープなら、逆算すれば痩せモードかもしれないという判断もできます。

 

メモ欄は箇条書きくらいで、
後はカウンセリングでグラフの動きとメモ欄を参考にしながらやり取りするのが基本形です。

 

ところが、メモ欄にいろいろ書き込んでも掲示板にはほとんど何もないと
私も困ることがあります。

 

掲示板に書き込むとすぐにメールとしても送られますが、
メモ欄はそのようにはなっていないので、
私がチェックした後にメモを入れても気がつかないこともあります。

 

仕事がとっても忙しいとか、何日から何日まで旅行とかいったことは、メモではなくて掲示板に入れてください。

 

また、メモの内容によっては、私がコメントした方が良いのかどうか、
つまりアドバイスを期待して書いているのかどうか、判断に迷うことがあります。

 

デパートで「何かお探しですか?」とお客にこのタイミングで声をかけた方が良いのか?
逆に声をかけたばっかりに、うるさがられるのでは? と悩む店員のような心境・・・

 

それから、Twitter(ツイッター)なら独り言のように書いても
世界の誰かが見てくれて反応してくれるでしょうが、
マイページのメモ欄は本人以外には私しか見ることができません。

 

明らかに質問しているようなメモなら掲示板にアドバイスを書き入れますが、
その場合にも、掲示板には私の書き込みしか出てきません。

 

例えばスランプになった時に、お互いが掲示板でやり取りして解決したとすると、
後で同じような状況になった時には掲示板を見なおせるわけです。

 

ところが、メモ欄はスペースの都合でクリックしないと開かないので、
私だけが書いていると、質疑応答を探すのが難しくなります。

 

また、的外れな質問ではないのか、こんなこと関係ないと思うけれどなどと、
掲示板に書くことをハードルが高いと思っているのであれば、それは違います。

 

読んでいる本や歌手のコンサートに行ってきたことなど気軽に書いてくる方もいますし、
人生相談のような展開になったり、たまの雑談でもカウンセリングのうちです。

 

数年前の話です。

 

その当時は来院のカウンセリングしかありませんでしたが、
紹介されてグループで眉間ダイエットを始めたお客さま方々に、
カウンセリングには来るように説明したところ、
「もちろんです。先生に会うほどに痩せると評判で、〈セザキマジック〉と噂していますから。」との返事。

 

別に手品でも催眠でもありませんが、
足が遠のくほどにダイエットの意識も薄くなるので、それは正解。

 

WEB会員は、来院会員のように出かけて話をするわけでもなく、電話をしたりするわけでもない。

 

私からの書き込みがメールで来てもそのままにしておくこともできます。

 

自然放置できてしまうので、モチベーションが下がりやすい傾向にあります。

 

何もしないというわけでなくても、
独り言のようにメモ欄に書くのと、掲示板に書き込むのでは気持ちの張りは違うはずです。

 

来院コースや電話コースの方は週に1回程度のカウンセリングですが、
WEB会員は薄まらないように制限はありません。

 

全コースでカウンセリングの頻度や内容によって別料金が発生することもありません。

 

毎日のように掲示板に書いてくる熱心な方もいて、
私とは1日1回だけのやり取りという制限があるわけではないので、
内容によっては1日で数回になることもあります。

 

現在のWEB会員の方は掲示板の書き込みをスクロールしてみてください。

 

私とあなたの書き込みの頻度が5対1くらいになっていれば、もったいないですよ。

 

ダイエットが順調な時には、嬉しいし、褒めてもらいたいから書き込むけれど、
調子の悪い時は気が重いからやめておこうと思う人が多いのですが、それは逆です。

 

うまくいかない時こそカウンセリング!

 

そのためには、まずは自分でどう取り組んでいるのかチェックしておくことがなければ、
私もどこから話を切り出したらよいのか的が絞りにくいです。

 

何となくやっていてグラフが下がることは期待しない方が良い。

 

ダイエットしようという気持ちが足らないのかな?と自問するようであれば、
おそらく足らないと言えるでしょう。

 

熱しやすく冷めやすい闘志ではなく、
穏やかではあるけれど揺るぎない決心の継続が必要です。

メモ欄の記入


今週のカウンセリングで何人かに伝えたことですが、
ダイエットもある程度の期間になると、モチベーションが下がることがあります。

 

みなさんに記入をお願いしているダイエットグラフの下には「メモ欄」がありますが、
マンネリ化傾向になると、メモ書きがなくなってくるという法則があります。

 

昨日の夕飯くらいは何を食べたか覚えているかもしれませんが、
3日前、1週間前となると、特別なことがない限り記憶にはないのが普通でしょう。

 

ダイエットスタートの頃は、
「外食」、「夕飯多かった」、「間食した」、「よく寝た」、「むくみあり」など
いろいろと書いていて、グラフも右肩下がりだったのが、
メモ欄の記入が少なくなると落ちにくくなる。

 

しっかり取り組んでいても落ちにくい時期というのはありますが、
ずっと何もないのは、モチベーションが下がっているサインで要注意です。

 

上がり下がりの理由を記入するというわけではありませんので、
例えば、昨夜は外食したのに変わらなかったとしても「外食」と入れてください。

 

外食したのに増えなかったのであれば、今は痩せモードかもしれないという判断材料になります。

 

ダイエットとは関係がないと思うことでも、
何か気がついたこと、いつもの生活パターンと違うことがあれば記入。

 

「疲れている」のも1㎏くらい体重アップの要因になります。

 

カウンセリングで話をしようにも、
グラフの上下変動だけでは材料としては半分くらい。

 

残りの半分は「メモ欄」です。

 

それが抜けていると、私もカウンセリングのための情報が不足ですし、
質問したとしても数日前のことは本人もうる覚えです。

 

それから、メモ書きがあると自分で過去のグラフを振り返って見た時に、
増えている時、減っている場合に同じメモがあるということにも気がつきます。

 

原因と結果を結びつけることが可能になる。

 

こうすれば痩せやすいし、
ここを気をつければ増えないはずという自分のパターンを見つけることができます。

 

それから、手書きのグラフに赤線を入れるということもモチベーションアップになります。

 

以前にブログで解説してもいますし、
その後、7割くらいの方が「不思議ですね」と言いながら、効果を実感していますので、
再掲しておきます。

 

**********

 

眉間ダイエットで使用しているグラフ用紙は1kgごとにブルーのラインです。

「この線から落ちなくて、行ったり来たりの繰り返しです」というコメントはよく聞きます。

 

ここから落ちないと思っていると、自己暗示になってしまうことが多いので、
意識しないようにしてくださいと話はします。

 

ライン上になったときにはその日の夕食を少なくして
翌朝だけでもいいので、1度ラインを切ってジンクスを打ち破るようにアドバイスすることもあります。

 

次の日に反動が来ようが1日だけでも下回る。

 

私は「瞬間最大風速でもいいので」と表現しています。

 

その「このラインが・・・」の新しい対処法をご紹介します。

 

1kgごとの青線が切れずに下の段に下がらないときには、500gのところに赤線を入れる。

こうするとブルーのラインよりレッドのラインの1kg間隔が意識されるようになります。
目立つ赤というのがポイント。

 

全部にではなく集中的に下げたいというところだけ部分的に入れることもポイントです。

 

「青線を意識しない」と思っていても目に入ってしまいますが、
赤線を入れることによって意識を下のレベルに移すことができるようになります。

 

赤と赤のラインを行ったり来たりでもレベルダウンというわけです。

 

**********

ダイエットに睡眠は重要


先日の電話カウンセリングでの話です。

 

ここ最近の体重グラフが増加傾向にあるので理由を尋ねたところ、
職場で数人がやめて、その分の仕事が増えたとのこと。

 

帰宅時間も遅くなり、
自宅にまで仕事を持ち帰っているので睡眠時間が足りない。

 

極度のストレスに加え睡眠も不十分ではダイエットは難しくなります。

 

ダイエットではどんな物をどのくらい食べるかばかり考えがちですが、
食事と同じくらいに重要な要素が睡眠です。

 

睡眠不足になると食欲を促す摂食ホルモンが上昇し、
ダイエットがうまくいかないばかりか、体調不良を招きやすくもなります。

 

三大生活習慣病(高血圧、高脂血症、糖尿病)で不眠に悩んでいる人は多く、
睡眠薬を処方すると生活習慣病が改善するという臨床報告もあります。

 

眉間ダイエットの根本理論である夜間の副交感神経活性化は
努力せずに受け身でいても現れる睡眠の変化で体感できます。

 

睡眠薬を飲むほどではないが、
寝つきが悪い、眠りが浅くてちょっとしたことで目が覚めるくらいの方であれば
パッチの使用により、その違いは明らかに実感できます。

 

睡眠薬を常用している方には、スタートは今まで通り服用を続けて、
次第に効果が感じられたなら調整してもらっています。

 

食事量と睡眠という2つのファクターの重要性に気付けば、
眉間ダイエットをしていない方でも、
ついつい多めに食べ続けてコントロールがきかない時期には
ストレスをためないようにして睡眠を充分にとるという
もう一つの要素を大切にしましょう。

 

自律神経がうまく機能しなくなると、まずは睡眠に影響が出ます。
睡眠が修正できる初期の段階であれば、そこから改善していくのが近道です。

赤いラインを入れてレベルダウン


昨日のカウンセリングのお客様で素晴らしいアイデアがありましたのでご紹介します。

 

眉間ダイエットで使用しているグラフ用紙は1kgごとにブルーのラインです。

「この線から落ちなくて、行ったり来たりの繰り返しです」というコメントはよく聞きます。
ここから落ちないと思っていると暗示になってしまうことが多いので、
意識しないようにしてくださいと話はします。

 

ライン上になったときにはその日の夕食を少なくして
翌朝だけでもいいので1度ラインを切ってジンクスを打ち破るようにアドバイスすることもあります。

 

次の日に反動が来ようが1日だけでも下回る。
私は「瞬間最大風速でもいいので」と表現しています。

 

その「このラインが・・・」の新しい対処法をご紹介します。

 

1kgごとの青線が切れずに下の段に下がらないときには500gのところに赤線を入れる。

こうするとブルーのラインよりレッドのラインの1kg間隔が意識されるようになります。
目立つ赤というのがポイント。
全部にではなく集中的に下げたいというところだけ部分的に入れることもポイントです。

 

「青線を意識しない」と思っていても目に入ってしまいますが、
赤線を入れることによって意識を下のレベルに移すことができるようになります。
赤と赤のラインを行ったり来たりでもレベルダウンというわけです。

 

その方は成果を上げていました。
皆さんもどうぞ。

まとめて記録していては下がりにくい


毎朝の体重計測は実行していても毎日の結果をグラフに書き移したり、
WEB会員であれば毎日マイページに入力したりするとは限りません。

 

数日分、中には1週間から10日分をまとめて記録している人もいます。

 

来院のカウンセリングでは
呼ばれても待合室からなかなか来ないので、どうしたのかと思ったら、
メモ書きした体重を待合室であわててグラフに書きこんでいるということもありました。

 

まとめて記録している人の多くは下がりにくいという傾向がしっかりあります。

 

「毎朝は測定しているのだから同じでしょ」と思っている人もいるかと思いますが、
大きな違いがあります。

 

スタート直後はパッチを貼って早く寝ようとしますし、
朝の測定も楽しみで記録はもちろんメモ書きもたくさん記入します。

 

だんだん慣れてくると、測定はしているものの
記録もまとめてするようになりダイエットの意識も薄らいできます。

 

体重を数字で並べて書いておくことと、グラフにするということは別次元の作業です。
上がり具合、下がり具合が一目で把握できる。

 

そのことを手抜きし始めるとダイエットは要注意。

 

記録するのも面倒  →  ダイエットもどうでもいいや

 

こうならないようにしてください。

「言い訳」と「良いわけ」


先ごろ、東京の出版社から連絡がありました。

 

眉間ダイエットのホームページにたどり着いて、
とても興味をひいたので、記事で取り上げたいとのことでした。
発行部数15万部の女性向フリーペーパーとのことです。

 

詳細は発行になってからお伝えしますが、
先日、原稿がメールで送られてきたので、校正のチェックをしました。

 

文中に「良いわけ」という言葉がありました。
グラフのメモ欄に「言い訳」などを入力するという文章の中で、
「言い訳」の変換ミスでしたが、意味は通じていたので気が付かなかったようです。
これは偶然にしてもおもしろいと思ったのでご紹介します。

 

来院の場合に、最初のご契約の時にグラフの記入の仕方も説明していますが、
その時にも、こう話をしています。
「言い訳というと悪い要因ですが、
体重が減っていて何が良かったのか気がついたことがあれば、良い要因も書いてください。」

 

夕飯が早めだったとか、間食を控えたとか、
自分が取り組んだことが結果として出ていた時には、メモをして成果を確認することは重要です。

 

「やればできる」につながります。

 

「言い訳」も「良いわけ」もメモをしておくことで、
こういう生活習慣が悪くて、こうすると良いということが分かるようになります。

 

良いことを続けて、悪いことを避けるようになると、
無駄なことをせずに効率的なダイエットができます。

 

是非、「良いわけ」も書いておいてください。

未来のために記録する


野球でもスコアブックに1球1打が記録されています。
将棋や囲碁、あるいはチェスでも棋譜(きふ)という記録を取ります。

 

記念に記録しているのではなくて、これからのための記録です。

 

勝敗の分析、相手の癖の研究などいろいろなことに使えます。
現代では、スコアブックや棋譜などのペーパー以外にも、VTRなどの映像としても保存されていますので、
相手の表情を絡ませて分析もできます。

 

眉間ダイエットでも、グラフ用紙の下の方にメモ欄があります。
いろいろ書き込んでいる人もいれば、ほとんど真っ白という人もいます。

 

毎日、同じ食べ物を食べて、同じ生活をしているわけではありません。
昨日食べた物は思い出せるかもしれませんが、3日前に何を食べたかを覚えている人はまずいないでしょう。

 

将来のために記録しておくと、
こういう生活が良くなくて、こうすればいいんだという傾向が見えてきます。

 

きっちり細かく記録するのでなくてもかまいません。
そこまでやることにしてしまうと、ストレスにもなりますし続きません。
いつもと違うことがあれば、書いておくようにしてください。

「たまに」と思っていると次第に適当になってしまう・・・・・その対策


眉間ダイエットではストレスをかけないようにしていますので、
ああしてください、これをしてはダメという方針ではありません。

 

スタート時は今までの生活習慣、食習慣としばらく同じでかまいませんと話をしています。
もちろん、最初から無理のない程度で食事制限をしてもらえるのであれば、
それに越したことはありません。
ただ、ダイエットは長距離走ですから、スタートで飛ばしすぎて続かないよりは
ゆっくり始めてもらう方が確実です。

 

無理をしないという基本方針ですから、
カウンセリングで「この日はついつい○○してしまって・・・」という話が出た時にも、
私も「たまにならいいですよ」と返答しています。
ただし、「たまに」の頻度はひとそれぞれの解釈があるようです。

 

たまにパッチを貼り忘れる
朝フルーツでも、たまに朝ごはんを食べる
たまに外食、飲み会がある
たまに夜更かしをする
たまにケーキを食べる  など

 

どれにしても絶対NGではありませんが、
その頻度はよく把握していないと結果に結び付かないということです。

 

朝フルーツ以外の日が週に2、3回もあると効果が期待できませんということは
ガイドブックにも書いてあります。
日曜日は起きるのも遅いので、家族そろって朝ごはんを食べるというように週1回はセーフですが、
週に2回となるとボーダーラインで、人によってはアウトになります。

 

先ほどの「たまに」のことをグラフの下のメモ欄に書き込みをすれば、
その頻度は自分でも把握できます。
ただし、いろいろな項目についてすべてをきっちりやり通すとなると、
かなりまめな性格でなければ続きません。
それが初めからできるくらいなら太ったりしないかもしれません。

 

「たまに」を管理するためには、

 

○まず、対象となる項目をいくつか書いてみる。
○各々について「たまに」が避けられないものかどうかを検討する。
○頻度ゼロが望ましいことについては週1回などと甘く設定するのではなく、「絶対にしない」と決める。
○避けられない「たまに」については必ずチェックしてメモ欄に記入し、頻度を管理する。

 

先ほど例として挙げた項目を当てはめてみると、

 

対象項目は
「パッチ貼り忘れ」、「朝フルーツ以外」、「外食」、「飲み会」、「夜更かし」、「ケーキ」となります。

 

「たまに」が不可避かどうかは個人で違いますが、仮に分けるとして、

 

頻度ゼロと決め、絶対にしない・・・・・「パッチ貼り忘れ」、「夜更かし」、「ケーキ」
「たまに」の頻度を管理する・・・・・・「朝フルーツ以外」、「外食」、「飲み会」

 

頻度管理をする項目は多ければ多いほどいいというわけではありません。
多過ぎるとチェックすることが難しくもなりますし、ストレスにもなり続きません。
3項目くらい、多くても5つまでにしておいた方が良いかと思います。

 

「ケーキ」は食べないと決めるはちょっと酷にも思いますが、
今までのお客様でも、私が言い出したのではなく、ご自身で決めて実行した方はいらっしゃいます。

 

一番印象に残っているのが60歳の女性で、ケーキではありませんでしたが、
大好きなラーメンを食べないことに決めてダイエットに取り組みました。
いつもの道にラーメン屋があり、店の前を通るとついつい入ってしましそうになるので、
遠回りをして歩くことを日課としたそうです。
ダイエットが終わったら御褒美に食べることを楽しみにし、
その甲斐あって約16kg減になりました。

 

昔から、好きなものを断つということは願掛けの代表です。
固い決心があれば、願いは叶います。
好物を断つのはダイエットには直結しますので、もちろん効果的です。

 

みなさんにも願掛けを実践してくださいとは言いません。
それほどしなくても叶うのではと思います。

 

それに、そこまで実践する人は「たまに」しかいませんから、ご安心を。

WEB会員は体重を毎日入力した方が効果的


私はWEB会員のマイページについて、
毎日最低一回、多くの場合、日に数回は目を通しています。
カウンセリングの書き込みがあればメールチェックで分かりますが、
体重入力やメモ欄の書き込みはページを開けてみないとわかりません。

 

全体的な印象では、
数日分まとめて入力する人よりは、毎日入力してくる人の方が痩せやすいと思います。

 

以前にブログで書きましたが、
毎日の習慣として何か新しいことを続けてみるということがダイエットには効果的です。
ダイエットと関係ないことでも新しい習慣を身につけるということが
古い自分から脱却することになります。

 

ましてや、体重入力はダイエットと直結していることです。

 

もちろん、毎日パソコンを開くわけではないので日々の入力はできなくても、
手書きのグラフ用紙には書き込みをしていることでしょう。
ただ、そこに面倒だからという気持ちが入り込んでいるのであれば、
おそらくグラフもぱっとしないのではないかと思います。

 

カロリー消費になる、ならないとは関係なく、
ちょっとしたことを面倒だと思っているようでは
ダイエットの成果はあまり期待できません。

 

ゴミを見つけたら拾うことにするなど
ちょっとのことの積み重ねが自分を変えていくことにつながる。

 

そういう私も太っていた時にはソファーに寝そべってテレビを見ていて、
番組を変えようと思った時にリモコンが手の届かない所にあったので、
面倒だからそのままにしたということをはっきり覚えています。

 

体が軽くなったので億劫でなくなるということは分かりやすい話ですが、
気持ちを先行させて、ちょっとしたことでも面倒くさがらずに行うようにすると、
体が軽くなってくるということはあまり知られていません。

 

心と体でひとつ、リンクしています。

 

もうひとつ、毎日マイページに体重入力するメリットは
自分だけの記録で何日もためるのではなくて、
毎日私に体重だけでも報告することで
気が緩みがちになるのを防止するということです。

 

来院会員の場合にはこの毎日の体重報告ということができませんので、
WEB会員だけのメリットですから、大いに利用してください。

新記録更新が月に3回くらいでもあれば、グラフは下向きになる


ダイエットをしているからといって毎日体重が落ちるとは限りません。
スタートしてしばらくは、面白いように落ち続けることはありますが、
やがて落ち着いてくるとフラットになったり、上昇したりもあります。

 

ゆらゆらと波型のパターンで落ちるなど、体重減少のパターンは人それぞれで、
典型的なパターンも数種類ありますし、
グラフが模様のようになって見えるのであれば、その人の体重変動のパターンと言えるでしょう。

 

ある程度、ダイエットが進行してくると
面白いように体重が落ちては来なくなることもあります。

 

それでも1か月で1段(1kg)レベルダウンしていればダイエットは進行しています。
落ちているのがどうかが1枚のグラフで分かりにくければ
過去のグラフを並べて眺めると分かりやすいということは以前のブログでも書きました。

 

別の判定法としては、新記録更新が月に3回か4回でもあれば、
グラフは全体として下がっていると判断できます。

 

以前に「めざせ、新記録!」というタイトルでも書いていますが、
目標設定として翌朝にマイナス100gでもいいから記録更新したいというのは
ちょうどいい努力の範囲です。

 

でも、結果的には毎日あるいは頻繁に新記録更新にはなりません。

 

先ほどの月に3,4回くらいの頻度、
つまり間隔としては1週間か10日に1回くらいで新記録が出せるのであれば、
上昇したピークの点も低くはなってきていますので、
山も谷も次第に低くなった、全体としては右下がりのグラフになるはずです。

 

新記録更新ということ自体も嬉しいことなので、心理的にプラスの効果もかなりあります。

 

グラフを見る時の判断材料のひとつとして覚えておいてください。

カレンダー

2018年11月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー

最近の記事

ログ検索

過去ログ