記事一覧

ダイエットに1番大切なことは・・・

眉間ダイエットでは「眉間パッチ」を使用しますが、
「○○ダイエット」という名のダイエット方法には特定の食物や道具やテクニックなどがあります。

通常はその特定の物やテクニックが「○○ダイエット」の「○○」になっています。


ダイエット方法は星の数ほどありますが、どれも決め手にはなっていないのが実情。

それは世間の人が、その「○○ダイエット」の「○○」を最重要視しているので、
ダイエット成功には至らないことがほとんど。


ダイエットに最も重要なことが欠落している。


**********

どうやって痩せるかではなく、

どうやってモチベーションが保てるか、気持ちを途切れさせないか

それを考えていないと続かない。

**********


「私には向いていなかった」と自分を正当化する言い訳を探して、諦めることになります。

時には弱気になることがあっても、
「ダイエット成功させるぞ!」という心の炎を消さなければゴールにたどり着けます。

心のコントロールができて、モチベーションが保てる人なら、
手段を選ばずに、どんなダイエット方法でも成功しているはず。

様々なダイエット方法をさまよい歩く人は、
そのことに気がつかない限りずっと同じことを繰り返します。

ですからモチベーションが切れないように伴走する人がそばにいた方が良い。

カウンセリングではいろいろアドバイスもしますが、
カウンセリングの1番の意義はそういうことです。

《 料金値下げ 》

3月1日からWEB会員の料金を次のように値下げです。

   **********

30日コース   9,000円→8,000円
90日コース  25,000円→22,000円

   **********


ホームページは新料金に変更になるのが3月1日からにプログラムされていますが、
2月末にも数件申し込みがあり、
1、2日早くて残念でしたというわけにはいかないので、その方々にも新料金を適用しています。

料金値下げは去年の10月以降の札幌圏のお客様の増加によるものです。

札幌のフリーペーパー『スコブル』に掲載されてから、
札幌のお客様が著しく増え、現在のところ、旭川と札幌で半々くらいの割合です。

旭川の方々も冬場ということもあるでしょうが、来院ではなくてWEBや電話という方が多数派なので、
1日誰とも直接会わずにカウンセリングという日もあります。

札幌でも成果を上げている方々が
「歩く広告塔」になっていただいているので、ご紹介の輪が広がってきています。


まだまだ知らない人が多い「眉間ダイエット」としては
知ってもらう、体験してもらうことで広めていくのが第一ですから、
会員増になるとハードルを低くするために料金を改定して値下げしています。

これまでも段階的に値下げしてきましたが、料金アップしたことは1度もありません。

ずっと順調に推移しているわけではありませんが、
1度下げたものを値上げすることはしないと決めていますので、
この先も下げることはあっても上げることはありません。


WEB会員だけでなく、
来院あるいは電話でのカウンセリング会員の料金も値下げしました。

こちらをご希望の方はシステムも料金設定もWEB会員とは異なりますので、
お電話でお問い合わせください。(0166-65-5508)

もちろんフィクションです

A 「今日のごはん、何か味が変じゃない?」

B 「やっぱり、そう?私もそう思う。」

A 「はっきり言って食べられたものじゃないよね。昨日までのはないの?」

B 「あるわけないでしょ。さっさと片付けられてしまったもの・・・」

A 「他にはないの?」

B 「あるわけないでしょ。」

A 「これ食べるしかないんだ。」

B 「飢え死にしたくなかったら食べるしかないよね。」

A 「あ~、何かうまい物、腹いっぱい食べてみたい~」

B 「できるわけないでしょ。ここから出られないんだから。」

A 「あれ、隣の部屋のやつらはいつも通りに食べてるぞ?」


〈 ガラス越しに 〉


A 「今日のはまずくないの?」

C 「何の話?いつもと同じだよ。」

D 「そっちのは美味しくないの?」

A 「いつものが美味しいというほどでもないけれど、今日のはひどい!」

C 「そう、残念だったね。うちらには関係ないけど。」


〈 10日後 〉


A 「ずっとマズイのを食べさせられているから元気出ないわ~」

B 「すっかり痩せたよね。」

A 「そういうお前もずいぶん痩せたぞ。隣はどうだ?」

B 「お隣さん、調子はいかが?」

C 「これといって変わりなし。」

D 「ずっと同じ毎日だけど・・・」

A 「羨ましいな。」

B 「なくなってはじめて気がつくありがたさか・・・」


助手 「教授!成果ありです!!10日でこんなに痩せています。」

教授 「そうか、よくやった。
    
    今度の学会で報告するから論文にまとめておいてくれたまえ。
    
    あのメーカーには多額の研究費をもらっているから結果が出て安心したぞ。
    
    学会報告の後には○○がスーパーで飛ぶように売れるぞ。
    
    君も奥さんに買いだめしておくように言っておいたらどうだ?」

助手 「ご冗談でしょ。

    人間はモルモットとは違いますよ。
   
    ところで今夜の集まりは例の焼き肉屋になってます。」

教授 「君は幹事だったね。

    あそこの予約を取るのは大変だと聞いていたが。」

助手 「がんばって何とか取れました。」

教授 「うまい肉、楽しみにしてるよ。」


*************


***** ○○という食材の××という成分がメタボに有効と判明 *****

********* 肥満解消の新薬開発が期待されます ********


これまでも数多くの研究発表がなされてきましたが、
その多くが、ではなくて、すべてが一時的なブームで終わっています。

一般大衆はその情報に飛びつくものの、成果はありません。

ブームを仕組んだメーカーや業界の売り上げは著しく伸びるので、
ダイエット効果ではなくて経済効果はあるとは思います。


発表した研究者側もさらなる研究を続けて
新薬などの実用化になったというケースは皆無です。

多額の研究資金を提供してくれた企業サイドの要請に答えれば
ミッション完了で立ち消えになるのがほとんど。


世間が求めているのは、
美味しい物を満足に食べながら痩せること。

何を食べればそれができるのか?


今までの食生活をそのままに、何かをプラスして成果が欲しい。


小学1年生の算数で習ったと思いますが、みんな忘れてしまったようです。

足し算では答えは元の数より大きくなることを。


ダイエットは足し算にあらず、引き算です。

飛行機での足のむくみ

今日のカウンセリングでこんな報告がありました。

飛行機で旅行に出かけた時の話です。

足裏磁石はいつも使用していた方ですが、
旅行先で紛失したら困ると思って、持っていかなかったそうです。

すると機内で足がパンパンにむくんで、だるくて痛くて大変なことになったとのこと。

同じ姿勢にならないように動かしたり、さすったりしても変わらず。

これに懲りて、飛行機に乗る時には必ず足裏磁石を使用するようにしてからは
全く気にならなくなって、こんなにも違いがあるとビックリしたそうです。

気圧の関係で顕著に表れたかもしれませんが、
飛行機に乗る時には忘れずに使用してください。

胸やけ・胃もたれと早食い

眉間ダイエットをしている方によく起きる症状として胸やけ・胃もたれがあります。

パッチを使うようになって、何だか胃の調子が悪いと毎食後に胃薬を飲んでいる人もいます。

多く食べたわけでもないのに起きるのは、胃が小さくなっているサインです。

わかりやすく説明すると、
10の大きさの胃袋に10の食べ物は適量かもしれませんが、
胃の大きさが8になったとすれば10の食べ物を入れるのは相対的に多い量になります。

もちろん胃は伸びたり縮んだりしますので模式図的な説明ですが、
昨日まで食べていた普通量が入らなくなるという現象は珍しくはありません。

いつもの量を食べ切る前にストップができれば
胸やけ・胃もたれなどの不快症状は起きにくいのですが、
頻繁になってしまう人もいて、
そういうケースで共通しているのは「早食い」だということです。

胃は小さくなっているのに勢いで詰め込んでしまい、
後になって胸やけ・胃もたれが起きる。

場合によっては軽い下痢も起きます。
食後しばらくすると催すことが多くなり、人によっては3食後に3回ということもあります。

胸やけ・胃もたれが起きるようなら、
普段はこれくらいの量を食べるという設定を2割減くらいにすると丁度良いはず。

不快症状もなくなり、もちろん体重も落ちやすくなります。

そのためには早食いを修正するのが効果的。

太っている人が早食いであるということは多く、
ゆっくり咬んで食べるようにするだけでもダイエットになります。

でも、それが難しい。

習慣を変えるのには意識を変えることが必要とよく言われますが、
わかっちゃいるけど続かない。

味覚を感じるのは舌ですから、
美味しい食べ物を早食いで食べるのはもったいない話です。

のどを過ぎれば味覚とは縁がなくなります。

子どもの頃に嫌いな食べ物を食べさせられる時に
ほとんど咬まないでゴックンした経験は誰にでもあるでしょう。

早食いは子どもの習慣を引きずっているのかもしれません。

ゆっくり味わうことをしなければ、
満足感が目減りするので量が増えるということです。

今年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。

今日1月4日が仕事始めになります。

年末のカウンセリングで次回の年明けの予約を入れますが、
3が日明けて4日すぐにカウンセリング希望の方がかなりいました。

正月は増えてもかまわないとアドバイスしていますが、
4日にカウンセリング希望の方は気合が入っているかも知れません。

眉間ダイエットのきっかけになったのがちょうど9年前の今頃。

平成15年の正月明けに入浴前に体重測定をしたところ、
ビックリするくらい増えていて、これは何とかしなければと思ったのが始まりです。

私のプロフィールには「5か月弱で15kgのダイエットに成功」とありますが、
今の体重レベルはピーク時の18㎏減くらいです。

今年の正月もやや増えましたが、昨日今日にはリセットできています。


9年前には自分自身のダイエットがこのような人生展開になるとは考えてもいませんでした。

歯科診療では特に私でなくてもいくらでも代わりの歯科医師はいるでしょうが、
世界でオンリーワンの仕事をして、みなさんに喜ばれることが私の生きがいになりました。


さあ、今年も張り切っていくぞ!

正月は増えてもOK

毎年、正月について予めアドバイスしていますが、
年末年始には1kgアップでもダイエットできているうちと思ってください。

ダイエットしていないと、2~3kgも増えてしまうところが、1kgならセーフです。

ずっと正月気分ではないので、
また自分の生活に戻れば自然と体重はレベルダウンしていきます。

期間中も気を抜かないでダイエットに取り組むのはもちろん構いませんが、
所々で息抜きをすることも場合によっては必要です。

旅行でなくて自宅で正月であれば、
朝の測定は遅くなったとしても、増えているだろなと思っても続けてください。
増えているのを把握しているだけでもコントロールのうちです。


年内のブログ更新は今回が最終になります。
今年もありがとうございました。

みなさまの新しい年が今年以上に素晴らしい年になることをお祈りしています。

宴会対策

12月は忘年会やクリスマスなど飲食の機会が多くなります。

ダイエットしていない人たちと行動を共にすると、ついつい流されてしましがち。

ただの人数合わせで誘われたような時には出席しないのが賢明ですが、
どうしても断れないときには「今日は御褒美」と思って楽しみましょう。

『朱に交われば赤くなる』といいますが、
赤でなくて、ピンク色くらいにはできるはずで、
翌朝の体重増加を弱くする対策法はあります。

宴会の前にコンビニおにぎり1個でも食べておくと、
その後には食事も酒もセーブできます。

アルコールの原料は米・麦なので
腹持ちのよいご飯を食べておくことで炭水化物の先取りになりますから、
宴会で御馳走やお酒を前にしても勢いが弱くなります。

おにぎりプラスヨーグルトが良いというのも何かで見ました。

コップ1杯分の牛乳でもかまいません。

朝フルーツをする場合に牛乳・乳製品は胃での消化が大変なので避けるようにしてもらっていますが、
それを逆手に取って、腹持ちのよいものを先に入れておくのは宴会前の使えるテクニックです。
覚えておいてください。

また、出席しても全部食べきるのではなくて、
選んで食べるようにすればコントロールしていることになります。

払った会費がもったいないと思ってしまいますが、
それ以上に、ダイエットの進行を大きく妨げてしまう方が長期的にははるかに損です。

程度の強弱はあっても、
コントロールしているという気持ちのスイッチをオフにしないようにしてください。

成り行き任せにせず、自分の意思で「食べる・飲む」をしているという意識を持つことです。

ちびっこダイエットの続報

前々回のブログに小学生以下の子たち3名がダイエットに来ているという話を書きました。

予約通りにカウンセリングできず、連絡がないままの人もいたので、
更新しないで終了かと思ったりもしていましたが、継続のために来院しました。

6歳の年長児は無理に減らさず体重キープでという方針通りの結果。

小学校6年の女の子は1ヶ月で1.5kg減

5年生の男の子はお菓子よりごはんが大好きで、
朝も夕飯も2膳食べていましたが、1膳にして慣れたとのこと。

子どもたちも立派ですが、
母親たちの意識が変わってきたのが良かったと思います。

どうしてダイエットするのか、子どもとじっくり話をしましたという話もありました。

おいしい物をたくさん食べたい年頃ですが、
子供は素直なので、受け入れることができれば続くと思います。

スタートラインに立ったまま

来院でもWEB でも電話&FAX会員でもカウンセリングを前提にしていますが、
新規の方でこのカウンセリングを1回も受けないままの人がたまにいます。

必ずカウンセリングは受けるようにと最初に伝えていますが、
カウンセリングをまず受けるという簡単なこともおろそかにするのでは
ダイエット成功はちょっと難しいと思います。

まれにスタートしてから連絡がなく、1か月後に更新の連絡が入ることがありますが、ごく稀です。
連絡がない場合にはそのままフェイドアウトして終了ということがほとんど。

カウンセリングなんて面倒と思っているのか、
あるいは数日やってみて思ったような結果が出ないので
後ろめたかったり、諦めてしまったりするのか、
あるいは自分でできると自信過剰なのか。

いずれの気持ちも1度でも私と話をすれば余計な心配だったと思うはずです。

1度カウンセリングを受ければ、その後に連絡がないということはありません。

ダイエットは自分でできると思っている人はどんな方法でもすでに成功しているはずですし、
カウンセリングが面倒と思う人は何事も面倒くさがる傾向にあるので、
そこを少しずつ修正していかなくてはなりません。

電話1本を入れる、あるいはWEBの掲示板に書き込みをするのは
さほどのことはないと思いますが・・・


カウンセリングなのに連絡がないと、
実質的にはスタートラインに立ったままでエントリーできていないに等しいかも。