記事一覧

12月は

早くも12月になりました。

12月は忘年会やクリスマスなど飲食の機会が多くなるので、ダイエットにはハンディのある月です。

普通の人はダイエットしていないので、そういった人達と行動を共にすると、ついつい流されてしましがちになるものです。

ただの人数合わせで誘われたような時には出席しないのが賢明ですが、
どうしても断れないときには「御褒美」と思って楽しみましょう。

そういった状況でも翌朝の体重増加を弱くする対策法はあります。

宴会の前にコンビニおにぎり1個でも食べておくと、その後には食事も酒もセーブできます。

アルコールの原料は米・麦なので
腹持ちのよいご飯を食べておくことで炭水化物の先取りになりますから、
宴会で御馳走やお酒を前にしても勢いが弱くなります。

コップ1杯分の牛乳でもかまいません。

朝フルーツをする場合に牛乳・乳製品は胃での消化が大変なので避けるようにしてもらっていますが、
それを逆手に取って、腹持ちのよいものを先に入れておくのは宴会前の使えるテクニックです。覚えておいてください。

また、出席しても全部食べきるのではなくて、
選んで食べるようにすればコントロールしていることになります。

払った会費がもったいないと思ってしまいますが、
それ以上に、ダイエットの進行を大きく妨げてしまう方が長期的にははるかに損です。

程度の強弱はあっても、
コントロールしているという気持ちのスイッチをオフにしないようにしてください。

成り行き任せにせず、自分の意思で「食べる・飲む」をしているという意識を持つことです。

スランプ

パソコンでバージョンアップのプログラムがインストールされている時には動作が鈍くなりますよね。

何をやってもうまくいかない時期は、もうすぐバージョンアップということなのではないでしょうか。


大きくジャンプしようと思ったら、膝を曲げて縮こまる方が高く跳ね上がることができます。


良くなる手前は悪いのが常。


焦らず投げ出さずに、できることはやりながら、飛躍の訪れを待ちましょう。

英語の学習

春くらいから英語の勉強をしています。

別にTOEICや英検を受けるつもりはなく、
ボケ防止といったところでしょうか。

大学卒業してから30年経っていて、
普段使っていないとすっかり忘れていると思っていましたが、
頭の片隅にわずかに残っているようで、
「あ~、そうそう」と懐かしさと共に掘り起こす感じはちょっと快感です。

現在取り組んでいるのが、『新・基本英文700選』。
例文700の暗記です。

歳をとれば、物覚えは悪くなるし、病気の一つや二つ当たり前。

・・・というのが世間の常識。

この歳になっても病気知らず。

体調は20代30代の時よりも明らかに良く、
このあいだの健診でもBMIは19.8、腹囲72cm、血液検査も全部問題なし。
おまけに視力もここ2年アップしています。

身体的にはクリアできているので、
新たなチャレンジという意味でのお勉強です。

受験みたいなストレスがないので、それが良さそう。


眉間ダイエットと同じで、ストレスを減らすことが願望達成のコツ。

そのことを確かめるという意味もあります。

ちょっとした差がいつの間にか

何かを成し遂げるためにはモチベーションのキープが絶対に必要です。

何事でもちょっとした気の緩みで、もうどうでもいいやとなってしまうことが多々あるのはなぜか?

このくらいでもいいかと思い始めると、1だったモチベーションが仮に0.9になったとしましょう。

気の緩みが10日も続くということは、
ずっと0.9ではなくて前の日の0.9になるらしい。

つまり0.9を10回掛け算。

0.9の10乗はいくつになるかというと.....

約0.35!

元の3分の1くらいになってしまいます。 いやビックリ。

0.9でこのくらいですから、0.7,0.5...となるといつの間にかモチベーションゼロですね。

逆に果敢に日々挑戦する人を1.1として10日目を計算してみましょう。

1.1の10乗は約2.6!!

ひょっとしたらできるかもしれないことが、できそうという確信に変化していくということでしょうか。

0.9と1.1のちょっとした差にしか思えない数字が10日でこれだけの違いになるとは。

数字上のことですが、妙になるほどと思えませんか?

睡眠は重要

世間ではダイエットの要素として食事と運動を重要視していると思います。

その根本的なことがまちがっているから結果が出ない。

運動はカロリー消費ではあるので、理論的には正しいように思えますが、
実際問題として運動すればするほどお腹が空いて食事のコントロールが難しくなるのは当たり前。

運動不足と食事過多は肥満の原因ですが、
痩せるためにはその要素のどちらも逆にしなければならないということはありません。

普段から運動しない人にとっては、きつい運動プラス食事制限はまさに地獄です。

イライラしてストレスマックスでダイエットを諦めてしまうのは当然のこと。

試合前のプロボクサーではないのだから、そんなことを成し遂げようとするのはまず無理です。


ダイエットを成功させるための要因は食事と運動ではありません。

食事と睡眠です。

食事量を少し減らして、しっかり眠ることが重要。

「でも、食べて寝てばかりいるから太ったんですよね」とか、
「食事を減らせばイライラして眠れなくなりますよね」という反論の声が聞こえてきそうです。

そこを可能にするのが夜間の副交感神経活性化、つまり眉間ダイエットです。

食事を減らすといっても極端な減らし方ではなく、
パッチを貼って寝ればぐっすり睡眠で胃も小さくなる。

最近も知人が眉間ダイエットで痩せたのを知って始めた方が、
ダイエットだけでなく更年期の不眠も良くなると聞いたのでというケースがありました。

薬も飲まずに睡眠改善ができます。

ダイエットは必要ないという場合、痩せて困るということはありませんから心配無用です。

不眠症で食も細くて痩せぎすの人は多いのですが、
そういったお客様がぐっすり眠れて食事もおいしいということは今まで数多くいらっしゃるものの、太って困ったというクレームは皆無です。

精神科や心療内科でも良くならなかった人が完治したケースも少なくありませんので、是非お問い合わせ下さい。

明けましておめでとうございます

みなさま、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

ダイエットの成功の鍵は「信念」ですが、
信念を持って取り組むことは苦行を伴うとは限りません。

固い信念ともいいますが、重要なのは持続性です。
転んでもまた立ち上がるということだと思います。

うまくいかない時は誰にでもあると覚えておいてください。

そして、転んでも起き上がる度ごとに信念はぶれなくなります。

良いお年を

今年も残り3日となりました。

例年のことですが、
ダイエットについて年越しと正月のアドバイスをしておきます。

ご馳走が並ぶ中、ダイエット中なので自分だけ別メニューでと我慢する必要はありません。

家族と同じものを食べてください。

眉間ダイエット中の方は胃が小さくなっているので、
おそらくそれほどは入らずに正月明けに2㎏も3㎏も太るということはないだろうと思います。

正月料理は普段とちがって一人前で盛るのではなく、
好きな分取り分けて食べることが多いので、
キープか増えても1㎏までくらいということが大半です。

ただし、詰め込みすぎることが続くと、
せっかく小さくなった胃が緩んで後々リセットするのに大変というケースもまれにあります。

それを防ぐには正月といえども体重測定を毎日すること。

前日遅くまで飲食して起きるのが遅くなっても
測定してチェックを入れるという作業は必要です。

正月モードのダイエットは体重測定をするということだけ。

1日1回チェックを入れるだけでも暴走は防げます。


今年も1年ありがとうございました。

WEB会員の方は正月も書き込み自由です。

新規の方はお申し込みはいつでもOKですが、発送は正月明け5日以降になります。

それでは良いお年をお迎えください。

嘔吐恐怖症

少し前の9月下旬のことですが、この眉間ダイエットのホームページの問い合わせを通してメールがありました。

本州に住む若い女性で、内容はこういったものです。

私は幼い頃から嘔吐することにひどく恐怖感があり、幼少期から嘔吐が怖く今でも吐き気を催すと強いパニック発作が起こります。
精神科で様々な薬を試しましたが効果なく、脳神経外科で嘔吐中枢を切除してほしいとお願いしましたが、断られました。
先生が開発された嘔吐抑制パッチはどのように効くのでしょうか?また、売って頂く事は可能なのでしょうか?


嘔吐抑制パッチは眉間パッチを開発する前に特許出願したもので、
乗り物酔いなどでは気分が悪くなって吐きそう、あるいは吐いてしまってからでも貼ると2,3分後には嘘のように治るというものです。

当時、商品化を検討してもらうようにあちこち企業に問い合わせたところ、
経営不振で解体する前のカネボウが社内実験をしてくれて、効果を確認してくれましたが、商品化には至らず、半年後にはダイエットの眉間パッチを開発したため、嘔吐の方は実質お蔵入りになりました。

このパッチは商品化もしていませんし、このホームページにも掲載してませんが、ブログでは過去に一度だけ触れたことがあります。(2009年6月6日)

この問い合わせをした方は、いろいろネットで嘔吐抑制について調べ、たどり着いたのだと思います。


かなりお困りなので、手作りで作って格安で購入していただくことになりました。

精神的にも安定化が必要と思い、眉間パッチも1袋併用するように指示して、10月上旬から使い始めたようです。

10月16日にメールがありました。


お久しぶりです。
その後なんですがパッチを貼って吐き気もなく治まったので今は使用しなくなった状態です。
睡眠も大分安定してきて今は毎日使わなくてもよくなりました!
本当にありがとうございました。御返事遅くなりすみません〓
また、購入するときはよろしくお願いいたします!


効果はあるだろうとは思っていましたが、
現代の医学では治らない病気で、私としても初めてのケースだったため、
どのくらいの期間がかかるかはわかりませんでした。

こんなにすぐに治るのであれば、この疾患でつらい思いをしている方々にも試していただく価値はあるのではないかと思います。

お困りの方はトップページ最下部のお問い合わせからご連絡ください。

夏風邪

カウンセリングで風を引いている方が何人かいます。

体調が万全ではないとダイエットはうまくいきません。

調子が良くないので、食欲もなくてそんなに食べていないのに
体重が増えていてビックリされる方が多いのですが、
それはむくんでいるために水分量が上乗せになっているためです。

薬を服用するとなおさらですが、
飲んではいけませんというわけではなくて、
そういう理由だということを理解して下さい。

体調が良くなれば、
余計な水分は出ていって体重はストンと落ちますので、
早めに風邪を治すことに専念しましょう。

便秘解消には「夜納豆」

ダイエット中は便秘がちになることがあります。

そこで私の経験からアドバイスを。

毎晩納豆1パック食べる習慣にしていますが、朝の通じがキッチリあります。

少し前にテレビの健康番組で、便秘解消には納豆が良いと女医さんがすすめていましたが、
自分の経験からもその通りだと思いました。

同じ発酵性食品のヨーグルトは摂りすぎると腸に良くないとも言っていました。

便秘解消のために「朝ヨーグルト」の習慣という方は多いと思います。

眉間ダイエットでは朝の牛乳や乳製品はあまりおすすめしていませんが、
カウンセリングで「朝ヨーグルト」の人にそれで便秘しないかどうか質問すると、
効果を実感している人は2〜3割くらいです。

朝の通じには納豆を、特に夜食べるのが良いと私は思います。

1回で速効とは限りませんが、「夜納豆」を数日続ければ実感できるので、お困りの方は実践してください。

ページ移動