記事一覧

気休めは麻薬

ダイエットも続けるとマンネリ化することがあります。

その兆候の始まりが
「まあ、ここまで痩せたんだから、まあいいか」と思う心。

いろいろなダイエットに取り組んでも、ちっとも成果が出ず、
たまに痩せることがあっても2キロくらいの減少で、
いつの間にか元に戻っている。

そして気がつけば、また太っている。

「でも、眉間ダイエットで結構痩せた!5キロも!」という方が、
良い意味で「欲を出したいんですけれど・・・」とコメントして
続けるのはもちろん大歓迎。

「欲張り」と恥ずかしがる必要は全くなく、
50代でも48kgが目標というのなら、それも可能です。

ところが、そうでないタイプも割りといます。

「ダイエットはできないこの私が5キロもやせたなんて」
と終了することもありますし、
続けるには続けていても下がっていかない時に、
「このあたりの体重でも満足しているところはありませんか?」と質問してみると、
「そういう感じです」。

その時にどのくらいの体重レベルかで話は違います。

50代、60代の女性がマイナス5kgとした時に、

57、58kgスタートで52、53kgなのか、
70kgスタートで65kgなのか。

65kgで終了だと安全域とは言えません。

これをキープするにはかなり気をつける必要があります。

もう少し絞り込むと後の人生が楽になります。


男性の場合は女性よりも気休めという麻薬が効きやすい。

10kg痩せても100kgが90kgではまだまだ初期段階。

でも、「こんなに痩せることができた」と終わるようでは
今までのことがおそらく無駄になる。


「まぁ、これくらいでもいいか」

その気持ちが麻薬になっていないかチェック! です。


「Rainy Days 気休めは麻薬 Ah-」
  (小林麻美『雨音はショパンの調べ』から 作詞:松任谷由実)


「眉間でリラックス」
こちらのブログもどうぞ。
http://miken00relax.blog28.fc2.com/