記事一覧

夕食が重たいと効果は薄まる

「昼食と夕食とどちらに重点を置いた方がいいですか?」
カウンセリングでよく質問を受けます。

人それぞれの生活リズムで考えてもらえば、
そのやり方でかまいませんと答えていますが、
どちらでもできるという場合には、
昼しっかり、夜軽くの方が良いと話しています。

昼食、夕食の2択で朝食が選択肢にないのは、
実際に「朝フルーツ」あるいは「朝なし」の方が多いので、
朝の量を問題にすることはあまりありません。

昼食しっかりで夕食が軽めの方が効果的な理由は2つあります。

まず、朝の体重測定を指標としているので、
やはり夕食が多いと体重は多めに出ます。

その結果、モチベーションも低下しやすい。

もう一つの理由の方が大切ですが、
昼食が多すぎても、夕食で調整することができます。

しかし、夕食で多すぎても後は寝るだけで、
寝ている時間に胃での消化吸収が大変になると、
胃の収縮どころではなくて効果が薄れます。

朝フルーツや朝抜きの場合には
昼には自然とお腹がすいてくるのはよくあることです。

それでも昼食を少なめに抑え、その反動で夕飯にドカ喰いになってしまうのであれば、
昼食にウェイトを移した方が良いでしょう。

特に仕事の都合で夕食が9時以降になることが多い人は
昼しっかり食べ、夕方くらいに少し何かをつまんでおき、
帰宅してからの食事はほんとに付け足すくらいの方がいいと思います。

なかなかレベルダウンして来ない人の場合、
夕飯が足りてしまっているというのはよくあるパターンです。


胃を休める時間帯が長く確保でき、
ぐっすりの睡眠が重なるようにすることが基本です。


「眉間でリラックス」
こちらのブログもどうぞ。
http://miken00relax.blog28.fc2.com/