記事一覧

眉間ダイエットを始めた頃は

眉間ダイエットを始めて、もうすぐ4年になります。

当時からカウンセリング方式を採用しています。

単にパッチを販売するのではなく、
カウンセリングにした第一の理由は
ただ貼っているだけで痩せる人ばかりではないということが分かっていたからです。

身体の反応で胃が小さくなろうとした時に、
自然と食事量が減る人ばかりとは限りません。

それとは逆方向に、たくさん食べようと思えば、
太ることもできるかもしれません。

「パッチを貼っていたらいいんでしょ」

「カウンセリングなんて面倒くさい」

そういう人たちが主流になってしまうと、
せっかく始めた事業も
世間では「効かない」と判断されてしまうことになります。

それは避けたい。

スタートしばらくは、
「カウンセリングには来られないんですけれど・・・」という方には
お断りをしていました。

遠方の方から電話などで問い合わせがあった時にも
丁重にお断りしていました。

当時は「全員に痩せてもらう」つもりでしたので、
カウンセリングできないという不利な条件は排除していたということです。

振り返ると、慎重さと意気込みはありますが、
「お断り」するのはサービス業としてはいかがなものか。

そこで、「来る者は拒まず」に修正し、
遠方の方でも対応できるようにWEB会員などの方法を考えたわけです。

門戸を広くした分、やはり成果が上がらない人が出ます。

1度も私とコンタクトせずに、
成果があったかどうかの確認すらできない人もいます。

まれに1ヶ月後に更新に来る方もいますが、
基本的には私との関わりが薄いほど効果も薄いということです。

毎週のように来院している方は
カウンセリングの意味がわかっている方で、成果も違います。

「であれば、パッチの効果は関係ないの?」という質問も出そうですが、
そうではありません。

眉間パッチを使用した方は副交感神経活性化を実感できますので、
これは体感してみなくては理解できません。

ダイエットにカウンセリングが必要ということは
ダイエットは「物」の問題ではなくて、
実は「心」のウェイトが高いということです。
 

人の心を動かすには
「人」と「人」の関わりが基本です。


「眉間でリラックス」
こちらのブログもどうぞ。
http://miken00relax.blog28.fc2.com/